ラズベリーパイにOpenCVを最速でインストールする方法

ラズベリーパイにOpenCVを最速でインストールする方法

ラズベリーパイでカメラを使用するときに必要なライブラリーである「OpenCV」。これまで何度もインストールしてきたのですが、できるだけスムーズにインストールする方法を研究しましたので、解説します。

pipを最新にする

ライブラリーをインストールする作業は、ターミナルを使用します。

まず、「XLTerminal」を開いてください。

以下のコマンドを入力してEnterキーを押します。

sudo python -m pip install --upgrade pip

これを実行すると、pipが最新のバージョンになります。

OpenCVをインストールする

以下のコマンドを入力してEnterキーを押します。

sudo pip3 install opencv-python==4.5.1.48

最新のバージョンだとエラーが出たので、バージョン指定でインストールします。

上の画像のように「Successfully installed~」が出ればインストール成功です。

 「libatlas3-base」 パッケージをインストールする

「libatlas3-base」 パッケージをインストール しないと、importしたときにエラーが出てしまいます。

まず、パッケージリストを最新にしておきます。

以下のコマンドを入力してEnterキーを押します。

sudo apt-get update

以下のコマンドを入力してEnterキーを押します。

sudo apt-get install libatlas3-base

以上でOpenCVのインストールは完了です。

OpenCVが問題なく使えるか確認する

ターミナルで「python3」と入力してEnterを押す。

python3

「import cv2」 を入力してEnterを押す。

import cv2

エラーが出なければ成功です。

カメラの映像を表示する方法は以下の記事で詳しく解説しています。
≫ 監視カメラの作り方|Python使用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。