【Python入門】LINEに自動メッセージを送る(活用事例あり)

【Python入門】LINEに自動メッセージを送る(活用事例あり)

PythonでLINEにメッセージ通知を送ることができます。自動メッセージを様々なプログラムに組み込むと、とても便利です。

メッセージの送信には「LINE Notify」という、LINEアプリに通知を行うサービスを利用します。

LINE Notifyのトークンを取得する

「LINE Notify」のトークンは以下のページから取得できます。

LINE Notify

「発行する」をクリックします。

トークンが発行されます。「コピー」ボタンからトークンをコピーします。
このトークンを使う事で「LINE Notify」のapiを利用できるようになります。

ページを閉じるとトークンは二度と表示されないので、確実にコピーして、
どこかにトークンを保存しておきましょう。

LINEのトークに、「LINE Notify」からトークン発行を知らせるメッセージが来ます。

Pythonでプログラミング

取得したトークンを使ってプログラミングをしていきます。
まず、「requests」というパッケージのインストールが必要です。
「requests」はPythonで簡単にWEB接続できるパッケージです。

コマンドプロンプトを開いて以下のコマンドを実行します。

pip install requests

「Successfully installed」 などと表示されれば、インストール成功です。

ソースコード

上記のプログラムを実行すると、下記のメッセージが送られます。
message = ” ” の中身は変更可能ですし、変数を入れることもできます。

少し応用ですが、Python × ラズベリーパイでこんなことしてます。

詳細はこちらの記事をどうぞ。

LINE連携は「ラズベリーパイ」との親和性が高いテクニックです。例えば「センサーが何かを検知したときに、LINE通知でお知らせする」といった活用方法もあります。

ラズベリーパイについてはこちらの記事で解説していますので、よろしければご覧ください。

≪ラズベリーパイ(Raspberry Pi)って何?ラズパイできること 活用事例

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。