【ラズベリーパイ入門】サーボモーターを制御する方法

【ラズベリーパイ入門】サーボモーターを制御する方法

サーボモーターを制御する方法について解説します。

サーボモーターは所定の角度まで回転できるモーターです。

今回使用したFEETECHサーボ FS90 は秋月電子で360円です。

接続方法

サーボモーターのコネクタはこのようになっており、ラズパイのGPIOに接続するために、ジャンパワイヤを取り付けます。

このように、3本のジャンパワイヤをコネクタに差し込みます。色が合っていないのはご容赦ください(笑)

下記のようにラズパイのGPIOピンに接続します。

赤線を②5Vピンに接続
茶線を⑥GNDピンに接続
オレンジ線を⑫GPIO18ピンに接続します。

Pythonプログラミング

「pigpio」という、GPIO制御のためのライブラリーを利用します。
最近のイメージにはデフォルトでインストールされています。

ただし、pigpioを使う場合は、事前にpigpiodというデーモンを立ち上げる必要があります。

$ sudo pigpiod

ターミナルで上記のコマンドを実行します。

特に何も出ませんが、これでpigpioを使う準備ができました。

サーボモーターを動かすためのソースコードはこちら

サーボモーターが0度→90度→0度→-90度の順に回転します。

これを応用して、こんなことができます。

サーボモーターは両面テープで固定しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。